本文へ移動

胃がんリスク検診について

 
 
長崎市の依頼を受けて、胃がんリスク検診を実施しております。

胃がんリスク検診とは・・・

血液検査により、「ピロリ菌感染の有無(ピロリ菌抗体検査)」と「胃粘膜の収縮度(ペプシノゲン検査)」を調べ、胃がんになりやすいか否かをリスク(危険度)分類し、判定します。
※胃がんそのものを見つける検査ではありません。
もりまちハートセンター6階(長崎市原子爆弾被爆者健康管理センター)では、被爆二世健診を受診することで、検査ができます。
※予約は必要ありません。
※地区巡回健診では実施しておりません。ご了承ください。

対象者

長崎市に住民票があるで、前年度に40歳、45歳、50歳、55歳、60歳になられ、かつ被爆二世健診を同時に受診される方です。
 
※令和2年度の対象者は、平成31年4月2日~令和2年4月1日の間に上記年齢に達した方です。
 
対象者には、長崎市(健康づくり課)から「胃がんリスク検診受診券」と検診案内が送付されます。(例年7月上旬に送付されています。)
※なお、受診券が送付された方であっても、次のいずれかに該当される方は正しく検査判定ができないため、受診の対象となりません。あらかじめご了承ください。
 
  • 食道・胃十二指腸の病気で、経過観察中か治療中の方。
  • 胃酸分泌抑制剤(プロトンポンプ阻害剤)服用中もしくは、2か月以内に服用していた方。
  • 胃の切除術を受けた方。
  • 腎不全(クレアチニン3㎎/㎗以上)の方。
  • 過去にヘリコバクター・ピロリ菌の除去治療を受けた方。
    (なお、ピロリ菌の除去治療をお受けになられた後、除菌されたか否かの確認検査を受けておられない方は、除菌治療を受けられた医療機関へご相談ください。)

検査項目・受診料

検査内容
受診料
○ 問診
○ 血液検査
 ① ペプシノゲン検査
 ② ヘリコバクター・ピロリ菌抗体検査
1,000円

持参するもの

1 被爆二世健康診断受診票(長崎市原爆対策部援護課より発行)
2 胃がんリスク検診受診券(長崎市健康づくり課より発行)
3 本人と確認できる証明書(保険証、運転免許証など)
4 受診料(1,000円)
※2~4は必ずご持参ください
 
※ 次の条件に該当する方は通常1,000円の受診料が無料となりますので、証明書をご持参ください。
  • 生活保護法による被保護世帯に属する方 ⇒ 生活保護受給証
  • 中国人残留邦人等支援法に基づく特定中国残留邦人の方など ⇒ 中国残留邦人等本人確認証
  • 市民税非課税世帯に属する方 ⇒ 世帯主の市県民税非課税証明書の写し

その他詳しいお問い合わせは

〒852-8104
長崎県長崎市茂里町2-41 もりまちハートセンター6、7階
公益財団法人長崎原子爆弾被爆者対策協議会 
TEL 095-844-3100
公益財団法人 長崎原子爆弾被爆者対策協議会
〒852-8104
長崎県長崎市茂里町2-41
もりまちハートセンター6,7階
TEL.095-844-3100
FAX.095-843-9255
 
1.原爆被爆者の健康診断
2.被爆二世の健康診断
3.被爆者日常生活支援事業
4.新大和荘の運営
TOPへ戻る